So-net無料ブログ作成

病原体と戦う:発熱の重要性と効果

 私達は風邪を引くと体温が高くなります。

感染症の法律の中では、
発熱・・・37.5度以上 高熱・・・38.0度以上
が基準となっています。

体温には個人差がありますから、平均としては36.5度くらいでしょう。

さて私達は、風邪・インフルエンザをはじめとし、細菌・ウィルス等の病原体が体内に入ると、なぜ発熱するのでしょうか。

その発熱のしくみを簡単に説明すると、

病原体が体内に入ると、その病原体を感知した一部の免疫細胞がサイトカイン(細胞作動物質)を生成し、そのサイトカインが脳に病原体の侵入を伝えます。

病原体の侵入を知らされた脳は、体の各部に体温を上げるよう命令を出すのです。

脳が各部にどういう命令を出すかというと、

・抹消血管を収縮させて、皮膚の表面からの熱の放出を抑制します。
風邪にかかると、手や足が冷たくなったり寒気が襲ったりするのはこのためです。

・交感神経を刺激し、体内の筋肉の活動を活発にし熱を出すようにします。
寒気とともにブルブルと震えがくるのはこれが原因です。

・皮膚にある汗腺(かんせん)を閉じて、熱が対外に放出されるのを防ぎます。

これらの脳の命令により体温が上がる、いわゆる発熱するのです。

では、この発熱の結果、その効果は。

・細菌やウィルスは、体温が35度~36度で一番増殖します。
発熱することによって、その病原体の増殖を抑制します。

・体温が上がると、白血球の中のマクロファージという免疫細胞の働きが良くなり、侵入してきた病原体を免疫細胞の中に取り込み殺菌します。
相対的に他の免疫細胞も体温が上がると活性化されます。

このように、発熱するということは、
体内に入ってきた病原体の増殖を抑制したり、消滅させるのに重要なことなのです。

人間が持っている自然治癒力なのでしょう。

風邪を引いて病院に行っても、今は、体に栄養を送る点滴治療が主で、解熱剤は滅多に処方されなくなりました。
処方されても、薬の注意書きに「38.5度以上になったら服用してください。」と書いてあります。

追記
風邪を引いて、安静にしてずっと寝ていると、大量の汗をかくことがあります。
「汗をかいたから治るなあ。」と僕なんかは思ってしまうのですが、
汗をかくということは、「もう風邪のウィルスをやっつけたから大丈夫。」と、脳が判断し汗線を開き熱を放出している状態になるからで、その時点で風邪は治っているといっても良いでしょう。

スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント