So-net無料ブログ作成

酒粕(さけかす)で作る甘酒にはアルコールが含まれている.

酒粕(さけかす)にお砂糖を加え、お湯で割って作る甘酒にはアルコールが含まれています。

もともと酒粕とは、酒米いわゆるもろみを搾って日本酒を取った後に残る固形物です。
その固形物である酒粕には、その時点で約8%ものアルコールが含まれています。
この酒粕にお湯を入れて加熱したとしても、酒粕に含まれている全てのアルコールが蒸発してしまうことはありません。
わずかですがアルコールが残ってしまいます。
ですから、酒粕で作った甘酒を飲んで自動車等を運転すると、飲酒運転または酒気帯び運転になる可能性がありますので、絶対してはいけません。

それじゃあ、スーパー・コンビニ・自販機等で販売されている、酒粕が含まれている甘酒はどうなのか?
というと、例えば下記の甘酒ですが、
甘酒 缶.jpg
この缶の甘酒にも酒粕が入っており、アルコールも含まれていますが、
アルコール分は1%未満なのです。
アルコール分が1%未満のものは酒類には分類されないため、
清涼飲料水として販売されているのです。
これにしても量を多く飲めば、飲酒運転また酒気帯び運転で捕まる可能性があります。

追記 酒粕から作る甘酒に対して、
お米またモチ米に米麹を加えて発酵させて作る甘酒もあります。
この甘酒の場合は、日本酒を造る場合と違い、アルコールを発生させる酵母菌を加えないため、アルコールは含まれていません。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感