So-net無料ブログ作成

橋本徹大阪市長、大飯原発再稼動容認発言について [橋本徹]

まず最初にことわっておきますが、僕は橋本徹大阪市長の

行動力やハッキリ物をいう姿勢が好きだし応援もしています。

しかし今回の大飯原発再稼動についての夏場限定であるにせよ、容認発言には

首をかしげざるを得ません。

そもそも大阪市は電力の大量消費地です。

それをまかなってきたのが福井の大飯原発なのです。

そういうことを考えると、電力の供給を受けている大阪市長として、

大飯原発の再稼動を容認するなんて発言ができるのでしょうか?

それも自分のところの電力需要が多い夏場だけ容認するだなんて。

ちょっと上から目線の発言なんじゃないでしょうか・

『正直負けた。そう思われても仕方ない』なんて

発言してないで、電力を供給されている市長としては、

『夏場は電力需要か多いのでなんとか夏場だけでも再稼動してもらえないでしょうか』とか、

『なんとか市民みんなで節電してこの夏場を乗り切りますので、再稼動を考えなくてもいいですよ』

みたいな発言をするのが筋なんじゃないでしょうか。

大阪維新の会の代表である前に大阪の市長なんですから。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

宮田 平

仰せの通り。加えるなら橋本氏が、安全基準をきっちり出せ、と盛んに言うが、現在の基準のどの部分が不備だとの、具体的な指摘を氏のブレーンとの専門家同士の議論で行い、問題解決すべきでしょう。只、安全安全と言い募っても限り無し。又、世に絶対的な安全など無い、何か基準が出ると必ず「若し、それが駄目だった時は、どうする!」式の強弁が出るが其れは止しにしないと、世の全ての決定は不可能になって仕舞う。1例、(電車を発車させようとした、運転手に乗客が)「其の電車は安全か?若しブレーキが効かなかったらどうする!お前は責任取れるのか?」と問うたら、電車は1メートルも動かない。
by 宮田 平 (2012-06-02 12:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0