So-net無料ブログ作成

高血圧の母が減塩の食塩を使わない理由

僕の母はかなり前から高血圧で通院をしています。
医師からはもちろん『塩分を取り過ぎないように。』と言われています。
母も食事の際、味噌汁をお湯で割ったりとそれなりの注意はしていますが。

さて今日の新聞に『減塩の食塩に注意を』というある医師の投書が載っているのを見て、あらためて減塩の食塩の怖さを認識したのです。

母の高血圧の改善のために、普段うちで使っている食塩を減塩のものに代えた方が良いのではないかと以前思ったのですが、減塩の食塩の問題点を知り、うちの母には適していないものだと解り止めました。

普通の食塩の成分は塩化ナトリウムです。
このナトリウムの多量摂取が高血圧を招く原因の一つに挙げられており、また高血圧の方はこのナトリウムの摂取を少なくする必要があります。
(日本高血圧学会では高血圧の予防また治療の指針をして食塩摂取量6g/日未満を勧めています。
ナトリウムに換算すると、約2.4g/日未満ということになります。)
減塩の塩はこのナトリウムの代りにカリウム使うことによって塩の風味を損なわずナトリウムの摂取を抑えてくれます。
またカリウムは血液中のナトリウムを排出するという働きもあります。
こう考えると減塩の塩を使うことは、高血圧を改善する上で一石二鳥です。
(50%減塩の食塩は塩化ナトリウムの半分を塩化カリウムにおきかえています。)

ただこの高血圧を改善するカリウムに他の点でかなり問題があるのです。
カリウムを過剰に摂取すると、余分なカリウムを尿として体外に排出する働きをする腎臓に負担をかけます。
過度の腎臓への負担は、腎機能の低下や腎不全を招く恐れもあります。
また腎臓の働きが弱くてカリウムをうまく排出できないと心肺機能に影響を及ぼし不整脈等を引き起こすおそれもあります。
(厚生労働省の日本人の食事摂取基準では、カリウムの一日の摂取量の目安を男性2.5g、女性2gとしています。)

実は僕の母は治療するほどではないのですが昔から腎臓が弱く、医師からカリウムの取りすぎに注意するよう言われているのです。
そのこともあり、うちでは減塩の食塩を使っていないのです。
減塩の食塩を使う場合は、過度の使用が腎臓または心臓の負担になるということを十分理解した上で上手に使う必要があると思います。

毎食ご飯を食べる必要があるのか?:糖尿病の改善を考える [糖尿病予防]

僕は毎回のように食事の際、ご飯を食べています。
パンはあまり好きじゃない、というよりもパンよりもご飯の方が好きなのでパンを口にすることは一ヶ月に一度あればいい方です。

そこでふと疑問に思ったのですが、こうも毎回ご飯また人によってはパンを食べる必要があるのでしょうか?

ご飯を食べるということは、ご飯の炭水化物(糖質)を腸内で分解してブドウ糖として血液中に吸収し、
すい臓からのインスリンの分泌によりブドウ糖をエネルギーに代え、運動・活動をするということです。
しかしエネルギーは何も炭水化物以外でもたんぱく質・脂肪からでも得ることはできます。
現に日本で稲作が始まったのが縄文・弥生時代からで、それまで日本人は動物・魚貝類、もちろん植物からもあったと思いますが、これらを食べて生活していたわけであって、現代のように多量に炭水化物(糖質)を摂っていたとは考えられません。
ちょっと乱暴な言い方になりますが、
炭水化物(糖質)はエネルギーを産み、余った分は脂肪として蓄えられるものであって、
決して体の組織を構成する役目はありません。
いうなれば炭水化物(糖質)は運動・活動して使う以外に使い道がないといっても過言ではありません。

なぜこういうことを書いたかというと、糖尿病の改善として真っ先にカロリー制限が挙げられますが、僕が思うに血糖値の上昇を抑制するには血液中へのブドウ糖の吸収を少なくする、また吸収しなければよいことであって、それにはカロリー制限よりも炭水化物(糖質)を制限すれば良いことだと思うからです。
たんぱく質・脂質には糖は含まれていません。ゆえにたんぱく質・脂質をいくら摂ったとしても血糖値が上ることがありません。

糖尿病の改善に、毎食ご飯またはパン(麺類も同様だと思います。)を食べるという固定概念をもう一度考え直してみてはいかがでしょうか?

納豆は血糖値の上昇を緩やかにする [糖尿病予防]

納豆というと、タンパク質が豊富であるというのが一番先に頭に浮かぶことだと思います。
しかし意外にも食物繊維も豊富に含んでいるのです。
納豆100g中約7gもの食物繊維が含有されています。
この量は大根・ニンジン・玉ねぎ・キャベツに含まれている食物繊維の量よりも多く、食物繊維が豊富な野菜として知られているゴボウ・ニンニクをも上回るくらいの量なのです。
食物繊維というと、野菜の筋のようなものを想像してしまうかもしれませんが、実際には「消化酵素によって分解されない成分」のことであり、豆類にも多く含まれています。

食物繊維は便通を良くする効果もあり、便秘解消には欠かすことのできない成分ですが、
その他に食事をした際の血糖値の上昇を緩やかにする働きもあります。

食物繊維は高い粘性があり、また吸着性もあるため、食べた物を長い時間胃や腸に留めて置くことができます。
このことにより炭水化物が分解されてできる糖もまた、腸で吸収されるまでにかかる時間が長くなり血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。
(食事をゆっくりと食べれば食べるほど、血糖値の上昇も緩やかになるのと同じ理屈です。)

食物繊維を多く含む納豆の血糖値上昇の抑制効果については、様々な研究・臨床データが報告されており確かなことです。
もしかすると納豆の食物繊維の働き以外に、納豆のネバネバも血糖値上昇の抑制に関係しているのかも知れません。

納豆かけご飯は、たんぱく質の摂取はもちろんのこと、ご飯を食べて上がる血糖値の上昇も穏やかになるので、糖尿病の予防、また改善には打って付けの食事だと思います。

ドラマ『孤独のグルメ』に嵌って

松重豊主演の『孤独のグルメ』というドラマがあります。
松重さんが扮する井之頭五郎という輸入雑貨を営んでいる主人公が、仕事の合間に料理店に立ち寄り食事をするという、ただそれだけのドラマなのですが、妙におもしろいというか、共感も覚えるところもあり、また大重さんが実に美味しそうに食べるので引き込まれてしまいます。

日頃から健康のことを、特に高血圧や糖尿病の予防に気を付けているため、食事をする際も何かと気を配っている僕にとっては、正に正反対の食事の仕方なので羨ましいという面もあります。
たまには僕も何も考えないで料理の美味しさを存分に味わいたい、と思わせてくれるドラマです。
主人公五郎が食事をしながら料理一品々々に対して述べる感想が実に面白い。

このドラマを見た後、ちょうど夕飯が焼肉だったので、『今日は何も考えないでガッツリ肉を食べるぞ。』と思い食卓に座ったのですが、いざ食べる段になると、肉に食らい付くよりも先にキャベツを口に入れてしまうのが我ながら情けない話です。

一話見たら嵌ってしまい、ついにYouTubeで全部見てしまいました。
まだこのドラマを見たことがない人、テレビ東京で放送されていたみたいなので関東以外に住んでいる方は見たことがない人が沢山いると思います。
YouTubeの動画サイトで全話みることができますので是非ご覧になってみてください。
このドラマを見た後は誰しもガッツリ食事をしたくなりますよ。
参考までにYouTubeでダイジェスト版のような動画がありましたので、騙されたと思ってご覧になって見て下さい。


東洋系のにんじんと西洋系のにんじん:満天青空レストランを見て

今夜の満天青空レストランは、熊本県熊本市を舞台に『長にんじん』を取り上げて放送してました。

僕はにんじんが嫌いで普段は食べません。我が家では味噌汁によく入っていますが、食べる時はにんじんをお椀に入れないよう気をつけて盛っています。
なんというか、にんじんの独特の苦味というのか?すこし薬臭い匂いがするというか?そういうのが苦手なんです。
でも唯一カレーに入っている煮込んで甘くなっているにんじんは抵抗なく食べています。

今回の『長にんじん』を取り上げた青空レストランを見て、にんじんに東洋系のにんじんと西洋系のにんじんがあることを初めて知りました。
おのおのの形の特徴はというと、

西洋系のにんじんは一般的に普段僕たちが食べているもので、太くて短い、
東洋系のにんじんは今回熊本市の長にんじんのように、細くて長い。

西洋系のにんじんは江戸時代にオランダやフランスから入ってきて、栽培しやすさから現在一般的に出回っているにんじんほとんどが西洋系のにんじんみたいです。
それなりの甘さがありますが、なにせにんじんに含まれるカロチンのせいか、臭みがあり、それが僕のにんじん嫌いの原因にもなっているようです。
(西洋系のにんじんにはカロチンが豊富に含まれており、そのカロチンがにんじん特有の色や香りになっています。ちなみに東洋系のにんじんにはカロチンはほとんど含まれていません。)

東洋系のにんじんは古くに中国から入ってきて、甘みが強くて臭みが少ないので、
(番組の中でゲストのカンニング竹山さんが生で長にんじんを食べて「甘くて柑橘系の香りがする。」と言っていました。
東洋系のにんじんの赤いオレンジ色はトマトと同様のリコピンによるものです。)
食べて美味しいのですが、なにせ長いので掘るのに手間がかかるため栽培しなくなったとうのが現状のようです。
確かに番組で料理していた、長にんじんを砂糖とバターで煮詰めたグラッセなんかは、見た目にも甘くて美味しそうでした。
こういう東洋系のにんじんを子供の頃から食べさせて貰えていたら僕もにんじん嫌いにはならなかったのかもしれませんが。

サツマイモでダイエットできるのか?

サツマイモダイエットの方法はというと、

・一日一回の食事の際に、主食をサツマイモに替える。
 (ご飯やパンの替わりにサツマイモを食べる。)
・サツマイモを皮ごと食べる。

ということのようです。

果たしてこのサツマイモダイエットは効果があるのでしょうか?
効果がある理由として挙げられているのが、

①サツマイモはご飯やパンよりもカロリーが低い。
②サツマイモに含まれている食物繊維、またサツマイモにしか含有されていないヤラピンに便秘の解消・予防の効果がある。
③サツマイモに含まれているクロロゲン酸が糖質の吸収を抑える働きがある。
大体この3点のようです。
(ヤラピンもクロロゲン酸もサツマイモの皮の近くに含まれています。)

確かにご飯1杯150gのカロリーは250kcal,サツマイモ150gのカロリーは200kcalと、サツマイモの方がカロリーが低いのは間違いありません。
またサツマイモ100g中に食物繊維は約2g、ヤラピンは脂質約200mgの中に入っていて、この便通を良くする効果も間違いありません。
このことから考えると、主食をサツマイモに替えることでそれなりのダイエットの効果が得られると思います。

ただクロロゲン酸に関してですが、クロロゲン酸はかなり熱に弱く、サツマイモを焼いたり蒸したりした時点で分解されてしまいますので、腸内で糖質の吸収を抑える効果はありません。

しかし、このサツマイモダイエットですが、継続できるのでしょうか?
朝、サツマイモで納豆が食べられるでしょうか?
夕飯の時、サツマイモで焼肉が食べられるでしょうか?煮魚が美味しく食べられるでしょうか?
ご飯やパンなら毎日食べても飽きないですが、サツマイモは数日で飽きがくるような気がします。
そこは根性出して乗り越えるしかないのかなあ。

追記 ヤラピンはサツマイモにしか入っていない脂質の一種で、サツマイモを切ったときに出る白い液体がヤラピンです。ヤラピンには食物繊維と同様に便を軟らかくする作用があるので便秘の予防・解消に効果があります。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種でコーヒー豆、また赤ワインに多く含まれています。
糖質の吸収を抑える働きの他に、抗酸化作用があることからガンの予防に効果があるといわれています。

納豆の本当の良さとは

納豆が体に良い食材だということは誰もが知っていることだと思います。
僕の家でも毎朝食卓には納豆が置いてあり、僕自身かなりの頻度で納豆で朝食を食べています。
納豆を食べると血液がサラサラになる、と以前TVの情報番組等で盛んに言われていましたが、
このことに関してはかなり疑問の余地があり、というよりも現在では納豆には直接的に血液をサラサラにする効果はない、という認識の方が広まってきているように思えます。
この納豆の血液サラサラ効果は置いておいて、
実際問題、納豆の体にとって良い点というのは何でしょうか?

大豆の発酵食品である納豆は、タンパク質と食物繊維が豊富で栄養価が高く、体を作る源になり便通にも良い食べ物です。
さらに特筆すべき点は、あらゆるミネラル類を含んでいるということです。
納豆100g中に1mg以上含まれるミネラルを揚げてみると、
ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛になりますが、
含有量1mg以下のミネラル類も揚げるときりがありません。
体の調子を整えたり、活性酸素を除去し若々しさを保つミネラルが沢山入っているのです。

また納豆はビタミン類も豊富に含んでいます。
含まれていないのはビタミンAとCだけです。
その他のビタミンは驚くことにすべて入っているのです。

ビタミンAやビタミンCを含んでいる海苔・ほうれん草・ネギなどを納豆に混ぜて食べれば、
もはや完全食品と言ってもよいほどになります。

江戸時代から親しまれてきた『納豆で朝食』、これは日本人が健康を保つ上で知らずに身に付けた習慣なのかもしれません。

風疹(ふうしん)大流行:特に妊娠中の女性は注意を

今日のニュースで、全国的に風疹(ふうしん)が大流行していると報じていました。
なんでも去年の32倍もの勢いだそうです。
風疹とは、ウィルス性感染症の一種で、風疹ウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。
発症すると、体中に麻疹(はしか)に似た発疹ができ、その発疹も2~3日で治まることから3日麻疹(はしか)とも呼ばれています。発熱を伴うことが多いです。

風疹の感染はというと、インフルエンザと同じく飛沫感染で、感染した人がクシャミやセキをした際に発するウィルスが付いた唾液が感染の元になります。
風疹に感染してもすぐには発症せず、潜伏期間が2~3週間と長く、発症した前後1週間が感染期間になりますので、知らないうちに感染していた、また知らないうちに感染させていたということになります。
僕も子供の頃に風疹にかかって1週間程学校を休んだ記憶があります。
風疹は1度かかったり、ワクチンを注射すると2度と風疹にかかることはないと言われています。
実際、僕の2人の子供が風疹にかかった時、一緒に寝起きしたのですが僕も他の家族も感染しませんでした。
しかし、歳を取り抗体が弱まったりすると極まれに再発することがあるそうです。

風疹の感染で一番問題になるのが妊娠中の女性への感染です。
妊娠中の女性が風疹にかかると、お腹の中の胎児に影響を及ぼす危険性があるからです。
特に妊娠初期に風疹に感染すると胎児も風疹に感染してしまい、感染した胎児はかなりの確率で先天性風疹症候群を引き起こしてしまいます。
先天性風疹症候群にかかった胎児は、難聴・白内障・心疾患など障害を持って生まれてくる確率が高くて90%ともいわれています。
妊娠中は本人はもちろん周りの方も風疹にかからないよう十分注意する必要があります。

追記 妊娠中は風疹の予防接種を受けることはできません。