So-net無料ブログ作成

免疫力を高める:乳酸菌とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の関係 [免疫力を高める]

 インフルエンザが流行する季節になると、R-1乳酸菌ヨーグルトを買う人が多くなります。

これはR-1乳酸菌が体内の免疫力を高め、インフルエンザの予防にも効果的だからです。

このことはすでに様々な研究、実験で実証されており、すでに皆さんも衆知していることでしょう。

R-1乳酸菌は腸内の環境を整え、腸内の免疫細胞を活性化する働きがあります。

ではR-1乳酸菌と免疫細胞の一つであるNK細胞はどのような関係にあるのでしょうか。

前の記事で書いたキノコに含まれるβグルカンのように、R-1乳酸菌は直接NK細胞を刺激し活性化するのでしょうか。

いや、ちょっと違うようです。

R-1乳酸菌の腸内での働きの一つに、免疫細胞であるT細胞を刺激し『サイトカイン』という物質を生成するというのがあります。

サイトカインとは、ラテン語でサイト(細胞)カイン(作動物質)という意味です。

そのサイトカインが直接NK細胞の活性化を促すことになります。

このように、R-1乳酸菌はβグルカンのように直接NK細胞に関与するのではなく、間接的にNK細胞の活性化の手助けをするのです。

腸内でのR-1乳酸菌は、間接的にNK細胞を活性化する以外にも様々な免疫細胞に関わり、その働きを活発にします。

R-1乳酸菌はヨーグルトとして手軽に摂取することができ、インフルエンザ流行の時期だけでなく、
常日頃から飲むことで体内の免疫力を保持することができる最適の食品だといえるでしょう。

ちなみに。免疫力は年齢とともに低下し、20歳頃をピークに40歳頃には半分に、高齢ともなれば若い頃の1割程度の機能しかなくなります。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント