So-net無料ブログ作成

一日に体内でガン細胞ができる確率は? [ガン細胞]

 一日に体内でガン細胞ができる確率は?

これはあまりにも大雑把な言い方なので、もう少し具体的に考えてみたいと思います。

人間は約37兆の細胞からできていると言われています。

まあ、その人の年齢、体重等により違いはありますが、大体そのくらいであると思われます。

一日に全体の細胞の約1%が死滅しますが、その代わりに体内の細胞は、日々細胞分裂を繰り返し約1%の新たな細胞を誕生させます。

約37兆ある細胞の1%というと約3700億個、その新たな細胞が細胞分裂で誕生するのです。

ただその細胞分裂において、新たにできる細胞に遺伝子情報がうまく伝達されなかった、間違った・異常な遺伝子情報が伝わってしまうことが原因で、異常細胞いわゆるガン細胞ができてしまうのです。

一日に体内で発生するガン細胞は数千個にもおよびます。仮に3700個できることにしましょう。

そうすると、新たに誕生する細胞がガン細胞になる確率は、

一日に体内で発生するガン細胞 ÷ 新たに誕生する細胞

=約3700個 ÷ 約3700億個 = 約1億分の1  ということになります。

まあ大雑把ですが、一日にこのくらいの確率『約1億分の1』で異常な細胞(ガン細胞)数千個が発生するということです。

ただ、これらの発生した数千個の異常細胞(ガン細胞)も、健康な人の体内ではナチュラルキラー細胞(NK細胞)等の免疫細胞によって攻撃され破壊され、すぐ消滅してしまうのですが。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康